【Googleフォームでのスワップの申請について】 こちらの記事はXQCのスワップとウォレット作成に関する記事です。 当初はSOLANAチェーンでスワップする予定でしたが、ハッキングのポテンシャルリスクやFTXの破綻によるSOLANAへの影響を考慮し、Binance Smart Chain(BSC)に変更することと決定いたしました。 お手数ですがXQCのスワップについては下記のリンクから申請お願いいたします。 上記リンクにお名前やメールアドレス、XQC,XQGの保有枚数とスクリーンショットを添付して頂き、最後にBSCチェーンのアドレスをご記入いただき、スワップの申請をお願いいたします。(現在、ウォレット作成方法がわからない方のために後ほどBSCチェーンをお知らせ頂けるよう未記入でも申請頂けるようにしています。) 【MetamaskでのBSCチェーンのウォレット作成について】 Binance Smart Chainはイーサリアムのセカンドレイヤーで稼働するチェーンの為、基本MetamaskのイーサリアムアドレスがあればそのアドレスにBinance Smart Chainの設定をするだけでご利用いただけますが、やり方が分からないという方もいらっしゃいますので、こちらの記事ではMetamaskでのウォレット作成についてもまとめます。

QURASトークンスワップの申請とMetamaskでのウォレット作成方法について(iPhone編)
QURASトークンスワップの申請とMetamaskでのウォレット作成方法について(iPhone編)

【Googleフォームでのスワップの申請について】

こちらの記事はXQCのスワップとウォレット作成に関する記事です。

当初はSOLANAチェーンでスワップする予定でしたが、ハッキングのポテンシャルリスクやFTXの破綻によるSOLANAへの影響を考慮し、Binance Smart Chain(BSC)に変更することと決定いたしました。

お手数ですがXQCのスワップについては下記のリンクから申請お願いいたします。

上記リンクにお名前やメールアドレス、XQC,XQGの保有枚数とスクリーンショットを添付して頂き、最後にBSCチェーンのアドレスをご記入いただき、スワップの申請をお願いいたします。(現在、ウォレット作成方法がわからない方のために後ほどBSCチェーンをお知らせ頂けるよう未記入でも申請頂けるようにしています。)

【MetamaskでのBSCチェーンのウォレット作成について】

Binance Smart Chainはイーサリアムのセカンドレイヤーで稼働するチェーンの為、基本MetamaskのイーサリアムアドレスがあればそのアドレスにBinance Smart Chainの設定をするだけでご利用いただけますが、やり方が分からないという方もいらっしゃいますので、こちらの記事ではMetamaskでのウォレット作成についてもまとめます。

Metamaskの対応ブラウザとデバイス
MetaMaskは、スマホアプリとPCで利用することができます。PCで利用する場合は、Webブラウザの拡張機能として利用します。

MetaMaskに対応しているブラウザは、Google Chrome、Firefox、Brave、Edge、Operaです。Metamaskでは、イーサリアムやERCトークン、BSC 、Avalanche、Polygon、NFTを管理することができます。

MetaMaskを利用するには、PCの場合はWebブラウザの拡張機能を、スマホの場合はアプリをインストールする必要があります。ここでは、iPhoneを使ってBSCチェーンを設定する方法をご紹介します。

*説明用画像はすべて左の画像からご参照ください。

①metamaskのアプリをダウンロード

--

--

【Googleフォームでのスワップの申請について】 こちらの記事はXQCのスワップとウォレット作成に関する記事です。 当初はSOLANAチェーンでスワップする予定でしたが、ハッキングのポテンシャルリスクやFTXの破綻によるSOLANAへの影響を考慮し、Binance Smart Chain(BSC)に変更することと決定いたしました。 お手数ですがXQCのスワップについては下記のリンクから申請お願いいたします。 上記リンクにお名前やメールアドレス、XQC,XQGの保有枚数とスクリーンショットを添付して頂き、最後にBSCチェーンのアドレスをご記入いただき、スワップの申請をお願いいたします。(現在、ウォレット作成方法がわからない方のために後ほどBSCチェーンをお知らせ頂けるよう未記入でも申請頂けるようにしています。) 【MetamaskでのBSCチェーンのウォレット作成について】 Binance Smart Chainはイーサリアムのセカンドレイヤーで稼働するチェーンの為、基本MetamaskのイーサリアムアドレスがあればそのアドレスにBinance Smart Chainの設定をするだけでご利用いただけますが、やり方が分からないという方もいらっしゃいますので、こちらの記事ではMetamaskでのウォレット作成についてもまとめます。

QURASトークンスワップの申請とMetamaskでのウォレット作成方法について(PC編)
QURASトークンスワップの申請とMetamaskでのウォレット作成方法について(PC編)

【Googleフォームでのスワップの申請について】

こちらの記事はXQCのスワップとウォレット作成に関する記事です。

当初はSOLANAチェーンでスワップする予定でしたが、ハッキングのポテンシャルリスクやFTXの破綻によるSOLANAへの影響を考慮し、Binance Smart Chain(BSC)に変更することと決定いたしました。

お手数ですがXQCのスワップについては下記のリンクから申請お願いいたします。

上記リンクにお名前やメールアドレス、XQC,XQGの保有枚数とスクリーンショットを添付して頂き、最後にBSCチェーンのアドレスをご記入いただき、スワップの申請をお願いいたします。(現在、ウォレット作成方法がわからない方のために後ほどBSCチェーンをお知らせ頂けるよう未記入でも申請頂けるようにしています。)

【MetamaskでのBSCチェーンのウォレット作成について】

Binance Smart Chainはイーサリアムのセカンドレイヤーで稼働するチェーンの為、基本MetamaskのイーサリアムアドレスがあればそのアドレスにBinance Smart Chainの設定をするだけでご利用いただけますが、やり方が分からないという方もいらっしゃいますので、こちらの記事ではMetamaskでのウォレット作成についてもまとめます。

Metamaskの対応ブラウザとデバイス
MetaMaskは、スマホアプリとPCで利用することができます。PCで利用する場合は、Webブラウザの拡張機能として利用します。

MetaMaskに対応しているブラウザは、Google Chrome、Firefox、Brave、Edge、Operaです。Metamaskでは、イーサリアムやERCトークン、BSC 、Avalanche、Polygon、NFTを管理することができます。

MetaMaskを利用するには、PCの場合はWebブラウザの拡張機能を、スマホの場合はアプリをインストールする必要があります。ここでは、PCを使ってGoogle Chromeの拡張機能としてインストールする方法をご紹介します。

Google での利用方法
Chromeの拡張機能としてMetaMaskをインストールするには、まずChromeウェブストアにアクセスし、画面右上の「Chromeに追加」をクリックします。

上記のリンクをクリックします。

青いボタンのChromeに追加のボタンを押してGoogleエクステンションをインストール。

--

--

Wallet:

Mobile wallet:

We had stopped the token swap service, removed erc20-xqc support on mobile wallet on the end of Jan 2022, made the following changes, fixed some issues, and released version 3.0.3:

  • Update the server domain ssl certificates of mobile wallet;
  • Fixed total balance rate display issue;
  • Fixed tx fee display issue of xqc native;
  • Fixed open browser issue;
  • Fixed quras tx saving issue on server;
  • Optimized quras tx searching speed;

Web wallet:

We had fixed the history pagination bug on the web wallet, which makes users check tx history easily on the web wallet.

--

--

Wallet:

Mobile wallet:

We had made the following changes, fixed some issues about the mobile wallet, and released version 2.0.5:

  • Fixed total balance bug of the wallet;
  • Added quras payment uri qrcode support, now user can use uri qrcode between windows wallet and mobile wallet;
  • Fixed price chart error of quras coin;
  • Fixed Anonymous/Stealth transactions’ data issue on server database;
  • Updated eth node to latest version, fixed node sync issue;
  • Fixed quras node sync issue, now it syncs well on both server and backup server;

--

--

Quras server:

We had moved the following 4 servers from Vultr to AWS:

consensus node #5, #6, backend, privacy cli node.

JSLib:

We had updated the jslib which contains the moved server infos and updated to v2.1.5.

Wallet:

Web wallet:

Updated jslib used in web wallet server to v2.1.5.

Mobile wallet:

We had made the following changes about the mobile wallet:

  • Fixed ethereum transaction fee issue;
  • Anonymous/Stealth transactions’ amount display issue;
  • Quras price chart display issue;
  • Updated jslib used in web wallet server to v2.1.5.

BlockExplorer:

We had updated the block explorer to show the transparent information of RingConfident transactions.

Others:

We had prepared the manual of the torrent feature on windows wallet and updated the Quras-gui tool for the BackOffice team.

--

--

Blockchain:

We had released a torrent feature on our blockchain.

Quras server:

We had fixed the following issues about our quras server:

  • Failed to download pk on windows wallet;
  • Failed to update windows wallet some time;
  • Fixed zk-SNARKs module loading issue, the zk-SNARKs module would take long time to be loaded;

Wallet:

Windows wallet:

We had released version 6.0.0.7, made the following changes about windows wallet:

  • Implemented torrent feature on windows wallet;
  • Implemented Mnemonic phrase feature on windows wallet;
  • Fixed an issue that make windows wallet can’t be updated;

Management:

We had developed a management web page to extract holders and their XQC and XQG balances.

--

--

Wallet:

Windows wallet:

We have released windows wallet 6.0.0.3.

Fixed the issue of multi-sign feature. On the previous version, the multi-sign feature was not working for 3 multi-sign wallets.

Web wallet:

We had updated our user manuals about web wallet and windows wallet:

  • added anonymous transaction and multi-sign wallet contents.

Mobile wallet:

We had made the following changes on the mobile wallet servers:

  • Fixed a token swap issue on the server.

--

--